ソフトバンク、規制料金より1%安い料金で利用できる「おうちでんき」提供開始

ソフトバンク、規制料金より1%安い料金で利用できる「おうちでんき」提供開始
2月下旬の検針日より提供開始
ソフトバンク株式会社は、電力サービス「ソフトバンクでんき」の利用者拡大に向けてリニューアルを実施し、電力サービス「おうちでんき」を2月下旬の検針日より、中部電力エリアおよび関西電力エリアにて提供開始することを発表した。

提供エリアは順次拡大
今回提供が開始される電力サービス「おうちでんき」は、誰でも規制料金より1%安い電力料金で電気を利用することができる電力サービスで、SBパワー株式会社より電力供給が行われる。

「おうちでんき」の特徴としては、1%安く電気を利用できることに加えて、ソフトバンク携帯電話または「SoftBank 光」などの固定通信サービスと併せて利用することで、携帯電話と固定通信サービス1回線につき1月100円の割り引きが、最大10回線まで適用されるとのことだ。

また、「おうちでんき」利用特典として、水漏れなどの「水のトラブル」、鍵の紛失など「カギのトラブル」、ひび割れや破損といった「ガラスのトラブル」が発生してしまった際に、出張料・作業量無料(部品代などが発生する場合あり)でかけつけてくれる「おうちレスキュー」が提供されるとのことだ。

「おうちでんき」の提供は2月下旬の検針日からの予定で、提供エリアは中部電力エリアおよび関西電力エリアで、順次提供エリアの拡大を予定している。

申し込みの受け付けは「おうちでんき」はサービス提供エリアのソフトバンク携帯電話取扱店および「おうちでんき」特設サイトにて、2017年2月1日より開始予定だ。

(画像はソフトバンク ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2017年1月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。