リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」、電力を自家消費できる体制を構築

リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」、電力を自家消費できる体制を構築
       
長野県安曇野市の循環共生型リサイクル施設
株式会社エンビプロ・ホールディングスは、2019年7月12日、同社のグループ会社が運営するリサイクル施設にて、再生可能エネルギー電力を自家消費する体制を構築したと発表した。

このリサイクル施設は、株式会社しんえこが長野県安曇野市にて運営する『しんえこプラザあづみ野』。地域循環共生型リサイクルを行う同施設の屋上に今回、リユース太陽光パネルを用いた発電設備が設置されている。

既に『RE100工場』となっていた
2019年4月1日にオープンした『しんえこプラザあづみ野』は、特定家電4品目の処分や資源物回収BOXの設置など、循環型社会形成に繋がるサービスを地域に向けて提供している施設。エンビプログループに属する就労継続支援B型事業所『エコミットあづみ野』と提携し、30名の障がい者への就労場所提供も行っている。

『しんえこプラザあづみ野』は、小売電気事業者・みんな電力株式会社から『RE100メニュー』の供給を受けているため、既に再生可能エネルギー電力100%の『RE100工場』となっていた。今後は、屋上に設置した太陽光発電設備で発電した電力も、事業に活用することが可能となる。

脱炭素社会および持続可能社会の実現に貢献
今回『しんえこプラザあづみ野』に設置された太陽光発電設備は、エンビプログループに属する株式会社ブライトイノベーションが設置を担った。費用については、パネル購入費や工事費といった初期投資をブライトイノベーション側が負担し、電気代はしんえこ側がブライトイノベーション側へ支払うこととなる。

エンビプロ・ホールディングスは今後も、脱炭素社会および持続可能社会の実現に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。