JR東日本 盛岡車両センターに太陽光発電設備を新設

JR東日本 盛岡車両センターに太陽光発電設備を新設
使用しない留置線に太陽光発電設備を設置
JR東日本株式会社の盛岡支社は、青森県青森市の盛岡車両センター内にある使用しない留置線を利用し太陽光発電設備を設置した。2019年8月1日より運用を開始することを発表した。

年間約600世帯分に相当する発電量
同設備の名称は「青森石江太陽電池発電所」。設置面積は約33,000㎡で発電出力は1,990kWhだ。

年間発電量は約2,200MWhを想定しており、一般家庭の約600世帯分に相当する。パネル枚数は11,904枚で、線路は既存のままで線路上に並べて設置された。

所有の土地を有効利用し再エネを普及促進
同社は企業の持続的成長の実現ために重要な要素として「環境」「社会」「企業統治」への取り組みをグループ経営ビジョン「変革2027」で掲げており、同事業は同ビジョンの地球温暖化対策としての取り組みだ。

同社は2014年に京葉車両センター構内のメガソーラーを稼働開始し、2015年には奥羽線本線追分~大久保間等でも太陽光発電設備を導入している。

車両センター内で電力を消費するほか、鉄道運行にも利用することで同社のCO2排出量の削減に寄与している。

同社は今後も再生可能エネルギーの導入を推進し、環境に優しいエネルギーを創出、持続可能な社会に貢献する。

(画像はJR東日本盛岡支社ホームページより)

元の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年7月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。