宮城県と東北電力、再エネの有効活用で連携

宮城県と東北電力、再エネの有効活用で連携
合同庁舎を利用して、P2PとVPPの実証試験
東北電力は8月8日、宮城県と連携して再生可能エネルギーの有効活用に向けた検討を開始すると発表した。

宮城県は大河原、仙台をはじめ7カ所にある合同庁舎に、太陽光発電システムや蓄電池を設置している。共同事業ではこれを活用して、仮想的な電力融通(P2P)と仮想発電所(VPP)に係わる実証試験を行う。

両者は8月8日から現地調査、システム開発、および工事を開始。実証試験の開始は2019年度後半になる見通しで、事業は2021年3月31日までの予定となっている。

再エネの有効活用を進め、付加価値を高める
具体的には、各合同庁舎に発電量や電力需要を計測する端末を取り付け、ブロックチェーン技術を用いてデータを記帳。電源のトレースが可能であるかどうかを検証するとともに、庁舎間で電力を融通する。

また気仙沼合同庁舎に設置された蓄電池をVPPとして遠隔操作・最適制御し、蓄電池の長寿命化や電力需給調整に向けた活用の可能性を検証する。

両者はこれらの実証を通じて再生可能エネルギー有効活用のさらなる可能性を検討し、新たなエネルギービジネスモデルの創出を進めていく。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮城県 イベント
  2. 宮城県 観光
エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年8月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大阪府」のニュース

次に読みたい関連記事「大阪府」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら