SUBARU、大泉工場に大型太陽光発電設備を導入

SUBARU、大泉工場に大型太陽光発電設備を導入
拡大する(全1枚)
工場の使用電力として出力5MW年間5000MWh
株式会社SUBARU(以下「SUBARU」)は11月27日、群馬県邑楽(おうら)郡大泉町にある同社の大泉工場において、太陽光発電設備を導入すると発表した。

新設備は工場の遊水池を利用し、日本ファシリティ・ソリューション株式会社が設置・運営する。大泉工場における使用電力源として出力5MW、年間5000MWhを想定しており、自家消費型の太陽光発電設備としては国内最大級となる。

設備の完成は2019年度内の予定で、稼働開始後は年間約2370トンのCO2排出量削減効果が見込まれている。これは大泉工場が年間に排出するCO2のうち、約2%に相当するという。

あらゆる企業活動でCO2排出量を削減し、30%達成へ
SUBARUは2017年に環境方針を改定し、全ての企業活動においてCO2排出量の削減に取り組むことを宣言している。

目標はSUBARUグループが直接排出するCO2の総量を、2030年度に2016年度比で30%削減することだ。その一環として、2018年4月には水力発電による「とちぎふるさと電気」の導入も行っている。

SUBARUは今後も工場のグリーン化を一層推進して、CO2排出量の削減を積極的に進めていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク