住友商事等、南相馬市でメガソーラーの運転開始
拡大する(全2枚)
発電容量32.3メガワット、一般家庭約1万世帯分
住友商事株式会社(以下「住友商事」)は傘下の住友商事東北株式会社と共同で、福島県南相馬市で太陽光発電所を竣工、商業運転を開始したと発表した。

この事業では南相馬市が所有する被災地約46ヘクタールに、約12万枚の太陽光パネルを設置した。みずほ銀行がプロジェクトファイナンスを行い、東芝エネルギーシステムズと大成建設が設計、調達、および建設業務を担当した。

2018年12月に竣工した発電所の発電容量は32.3メガワット。FIT制度を活用して一般家庭の約1万世帯分の電力を小売電気事業者に供給する。

福島県最大のメガソーラーを昨年春に稼働、2件目
住友商事グループは同じ南相馬市の別地区で福島県最大のメガソーラー(59.9メガワット)を2018年3月に稼働しており、今回の事業と合わせて合計92.2メガワットの発電容量となる。

住友商事東北はこの他にも、山形県酒田市で2018年8月にバイオマス発電所を完工、東北の基幹産業である農業にも力を入れている。

住友商事グループは今後も電力事業等の優良インフラ案件開発を推進するとともに、一層の地域発展に貢献していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

この記事の画像

「住友商事等、南相馬市でメガソーラーの運転開始」の画像1 「住友商事等、南相馬市でメガソーラーの運転開始」の画像2