ハウステンボス株式会社がみんな電力株式会社と提携し「変なエネ」の電力販売を開始

ハウステンボス株式会社がみんな電力株式会社と提携し「変なエネ」の電力販売を開始
再生可能エネルギー電気の普及へ 自然破壊や環境汚染を最小限に
パーク事業やホテル&リゾート事業、発電・売電等エネルギー関連事業などを展開するハウステンボス株式会社が、みんな電力株式会社と提携し、再生可能エネルギー電気の普及を目指す「変なエネ」の電力販売をしていくと、1月28日に発表した。

「変なエネ」では、太陽光や風力などで得られた再生可能エネルギーを、みんな電力が電力として供給していくもので、2月1日からのサービス開始が予定されている。自然との共存をテーマとするハウステンボス株式会社は、自然破壊や環境汚染を最小限に抑える「環境未来都市」の実現を目指しており、先駆的で安心・安全な同サービスの展開に至っている。

東京・中部・関西電力管内などが対象エリア FIT電気75%に
ハウステンボス株式会社は、「変なホテル ハウステンボス」に太陽光・水素発電・ペロブスカイト太陽電池の導入しているほか、年間発電量およそ240万kWhにも上るハウステンボス次世代エネルギーパーク太陽光発電所も、長崎県佐世保市ハウステンボス町で稼働させている。新プラン「変なエネ」では、同発電所からの電力の提供もしていく予定だ。

「変なエネ」の対象エリアは東京・中部・関西・九州電力管内で、従量電灯B、Cを契約の家庭が適応可能。電源構成は2018年度計画値で、FIT電気75%になる見込み。

(画像はハウステンボス株式会社 ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。