東急電鉄など3社、再エネ100%による世田谷線運行を開始

東急電鉄など3社、再エネ100%による世田谷線運行を開始
再エネ100%での世田谷線運行を3月25日から開始
東京急行電鉄株式会社と東北電力株式会社、株式会社東急パワーサプライの3社は3月25日、水力と地熱だけで発電した再生可能エネルギー(再エネ)100%での世田谷線運行を、同日から開始すると発表した。

この取り組みは、都市型鉄軌道線では国内初の再エネ100%の電力による通年・全列車の運行となり、従来、1年間で東京ドーム約5.2個分の1,263t-CO2の二酸化炭素を排出していた世田谷線を、「日本初の二酸化炭素排出量ゼロの都市型通勤電車」として運行することとなる。

なお東北電力は、東北・新潟エリアに豊富に賦存する再エネを将来にわたって有効活用すべく、再エネ事業拡大を進めるとともに、顧客の多様なニーズに応えるサービスの充実に取り組んでいる。

また東急電鉄は、「低炭素・循環型社会」を“Make the Sustainable Growth”(2018年度からの中期経営計画でのスローガン)実現のための重要テーマの一つに位置付けていて、今回の取り組みはその一環となる。

サステナブルな「街づくり」を推進し沿線価値向上へ
さらに東急パワーサプライは、同取り組みに東北電力の取次事業者として参加しているが、住民が身近に利用する都市型通勤電車への電力サービス提供を契機に、今後も沿線での様々な環境課題に取り組んでいくという。

そして3社は、国内再エネ活用の先進的な事例となる同取り組みを通じて、今後もサステナブルな「街づくり」を推進し、さらなる沿線価値向上に向けて取り組むとのことだ。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年3月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。