日本エコライフ、エナジーゲートウェイと販売パートナー契約を締結

日本エコライフ、エナジーゲートウェイと販売パートナー契約を締結
エナジーゲートウェイとの販売パートナー契約締結
会員制WEBサイト「楽エネ」を運営する日本エコライフ株式会社は5月9日、株式会社エナジーゲートウェイと販売店として契約を締結したと発表した。

今後、エナジーゲートウェイの製品を「楽エネ」に掲載するなど、販売促進活動を共に行っていくとしている。

同社が提供する「うちワケ」は、分電盤に取り付けた電力センサにより電力量を計測することで、家庭内の消費電力や太陽光発電量・エコキュート消費電力・蓄電池充放電量などの設備稼働状況を、スマートフォンで閲覧できるサービスとなる。

また計測したデータから、AIによる独自の機器分離技術により、当該家庭の「どの家電が」、「いつ」、「どれくらい」使用されているかを推定できるという。

したがって、電力センサと「うちワケ」を活用することにより、対象家電製品や太陽光発電などの稼働状況をいつ・どこでも知ることができるため、消し忘れや使い過ぎの防止とともに、時間帯を考慮して電気を賢く使うことが可能となる。

また販売・施工会社での導入メリットは、太陽光発電などの設備稼働状況を設備使用者と共有することで、効率的な見守り・アフターサービスの運用が可能になり、顧客満足度の向上が図れるとしている。

余剰電力が多い家庭へ蓄電池や省エネ機器などの提案も
さらに、電力の発電・消費・余剰量を分析することで、余剰電力が多い家庭へ蓄電池や省エネ機器などを使用者に最適なタイミングで提案することも可能になるという。

なお「うちワケ」は、楽エネで取り扱っている環境エネルギー商材と親和性が高く、太陽光発電などの他の商材とのセット提案による反響も期待できるとのこと。

今回の販売パートナー契約を皮切りに同社は、楽エネが販売・施工会社の会員を対象に提供している新商品や業界情報について、メールマガジンへの掲載のほか、定期的に開催する製品説明会にて「うちワケ」を積極的に展開していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年5月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。