東京電力グループ、次世代電力システムの共同実証実験を実施

東京電力グループ、次世代電力システムの共同実証実験を実施
TRENDE、東京大学、トヨタが共同実証実験
東京電力ホールディングスは、グループ会社であるTRENDE株式会社が国立大学法人東京大学、トヨタ自動車株式会社と、次世代電力システム(P2P電力取引)の共同実証実験を実施すると2019年5月23日に発表した。

電力の個人間売買システムを検証
今回の共同実証実験は、ブロックチェーンを活用して、太陽光パネルや蓄電池、電動車を分散型電源として組み合わせた個人間電力売買を行うもので、6月17日よりトヨタの東富士研究所と周辺エリアで実施する。

具体的には、実証実験に参加する家庭や事業所がアクセス可能な電力取引所を新設し、AIを活用したエネルギー管理システムを家庭や事業所にそれぞれ設置する。

設置後は、エネルギー管理システムによる電力消費・発電量の予測に応じた買い注文・売り注文を出して、電力取引所に集約された注文をマッチングさせることで電力の個人間売買を実施するとのことだ。

実証期間は2019年6月17日から2020年5月までの1年間を予定しており、実証実験の詳しい情報については、TRENDEのプレスリリースより確認できる。

(画像は東京電力ホールディングス ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年5月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。