TMEIC、太陽光発電システム/蓄電システム用新型PCSを開発し販売開始

TMEIC、太陽光発電システム/蓄電システム用新型PCSを開発し販売開始
太陽光発電/蓄電システム用新型PCSを開発・販売開始
東芝三菱電機産業システム株式会社(TMEIC)は5月15日、大容量太陽光発電システムと蓄電システムに向け、モジュラー式で可変性の高いユニバーサルデザインによる新型パワーコンディショナ(PCS)を開発、グローバル市場向けに、この5月から販売を開始したと発表した。

このところ、太陽光発電システムを含めた再生可能エネルギーの導入量は、世界的に拡大の一途をたどっており、これに伴う電力系統の安定化や電力貯蔵のニーズを背景に、バッテリーを活用した蓄電システムの需要が増加しつつある。

そこで同社では、これら大容量太陽光発電システム/蓄電システム用のPCSにて変換効率が99.1%と世界最高クラスを実現するとともに、単機での最大容量をこれまでの3.2MWから、世界最大クラスの5.5MWに引き上げたという。

顧客の多様なニーズに対応したラインアップ整備
またACステーションも、従来の2,550kW単位の構成からモジュール容量(640~920kW)単位の構成とすることで、各サイトの規模に応じ最適なシステム構成を可能にしたほか、最大容量/1ステーションも、従来(10MW、2,550kW×4台構成)を大きく上回る容量を構成可能としている(例:22MW、920kW×24台構成)。

このほか、顧客の多様なニーズに対応したラインアップ整備とともに、最新システム技術による運用効率や信頼性向上と設置・運用コストの低減を図ったことも新型PCSの特長としている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。