TEPCOホームテック、初期費用0円で蓄電池を導入できるサービス開始

TEPCOホームテック、初期費用0円で蓄電池を導入できるサービス開始
「蓄電池エネカリ」を本格始動
TEPCOホームテック株式会社は、初期費用0円で蓄電池を導入できる定額利用サービス「蓄電池エネカリ」を本格始動すると2019年5月9日に発表した。

希望するメーカー・機種を選択可能
TEPCOホームテックでは、初期費用0円の定額利用サービスとして、2018年4月よりエコキュート・IHクッキングヒーターの「エネカリ」を開始。

2018年7月より太陽光発電システムの「ソーラーエネカリ」をスタートして対象機器の拡大に取り組み、今回、蓄電池の「蓄電池エネカリ」を展開する。

「エネカリ」スキームの特徴は、初期費用0円で省エネエネルギー機器を導入可能で、毎月の定額利用料を支払うだけで機器を利用できること。さらに、期間満了後には機器を無償譲渡してもらえるとのことだ。

また、利用者のニーズやライフスタイルにあわせて、希望するメーカー・機種を選択することができ、対応メーカーの拡大も行っていくといている。

TEPCOホームテックでは今後、これまでの太陽光発電による「創エネ」、エコキュートなどの「省エネ」に、今回の「蓄電池エネカリ」による「蓄エネ」を加え、3つが一体となった先進的な住まいを提案していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年5月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。