関西電力が「太陽光発電オンサイトサービス」開始

関西電力が「太陽光発電オンサイトサービス」開始
法人向けに設計から設備運用までワンストップで
関西電力が5月16日、法人向けの新たなサービスとして、「太陽光発電オンサイトサービス」を全国で提供開始した。

このサービスでは店舗や工場などの屋根などを借りて、関西電力が太陽光発電設備を設置して所有する。同社がシステムの設計から運用・メンテナンスまでのサービスをワンストップで提供し、顧客は初期投資ゼロで得られた電力を自家消費し、消費量に応じてサービス料金を支払う。

サービスのメリットとしては、まずCO2フリーの電気を使用できること。システムの設置からメンテナンスまでを関西電力が担当するため、客側の負担が少ない。さらに自家消費で電力系統からの購入量が減少することで、電気料金の削減も期待できる。

低廉で魅力あるサービスを提供、他の電源へも対応を
関西電力は「低炭素」のリーディングカンパニーとして、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでいる。

新サービスではこれまで培ってきたソリューション力を活かして、低廉で魅力あるサービスの提供に努めるとともに、今後は太陽光発電以外でもオンサイト電源に対応できるよう、サービスの拡充も検討している。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年5月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。