経済産業省、2件の小売電気事業者を新たに登録
拡大する(全1枚)
2019年5月27日発表
経済産業省は、電気事業法の規定に基づいて、電気小売を行うのに必要となる小売電気事業者の登録を、新たに2件行ったと2019年5月27日に発表した。

5月27日時点で601件の小売電気事業者を登録
小売電気事業者の登録には「電力・ガス取引監視等委員会」への意見聴取が必要となり、今回、2件の小売電気事業を営もうとする者についての回答があったことから、回答を踏まえた上で電気事業法の規定に基づいて、2件の小売電気事業者を登録した。

登録されたのは、千葉県船橋市「アイ・エス・ガステム株式会社」と静岡県富士市「株式会社富士山電力」の2社で、事業の開始日は「アイ・エス・ガステム株式会社」が2019年9月1日を、「株式会社富士山電力」は2019年7月1日を予定しており、どちらも2019年5月27日付けで登録されている。

今回2件の小売電気事業者を登録したことで、2019年5月27日時点の事業者数が、小売電気事業者は601件、登録特定送配電事業者は26件となった。

経済産業省では今後、2019年5月26日までに申請のあった677件のうち、審査中となっている54件についても、審査が終了次第、順次登録を行っていくとしている。

(画像は経済産業省ホームページより)

元の記事を読む