トリナ・ソーラー、PVEL/DNV GLから5年連続で「トップ・パフォーマー」認定を獲得

トリナ・ソーラー、PVEL/DNV GLから5年連続で「トップ・パフォーマー」認定を獲得
太陽光発電のトータルソリューションを提供
トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社は、2019年6月20日、本社Trina SolarがPV Evolution Lab(PVEL)とDNV GLによってPVモジュールメーカーの「トップパフォーマー」として認定されたと発表した。

トリナ・ソーラー・ジャパンは、太陽光発電のトータルソリューションを提供するTrina Solarの日本法人。Trina Solarは、PVEL/DNV GLから5年連続で「トップ・パフォーマー」認定を受けることとなった。

厳格な原材料管理と製造管理を維持
Trina Solarは、1997年に設立されて以来、太陽光発電およびスマートエネルギーのソリューションを、グローバルに提供し続けている。取り扱う製品も太陽光発電製品に留まらず、スマートマイクログリッドとマルチエネルギー補完システム、エネルギークラウドプラットフォーム、そして太陽光発電所そのものも手がける。

PVモジュールの生産において同社は、厳格な原材料管理と製造管理を維持することで、高い信頼性は保証している。生産ラインでは、全体を通してプロセス品質管理を実施。特にシリコンウェハとセル製造プロセス、そして、ジュール製造プロセスについては、それぞれ100近くの管理項目を設定している。

信頼性と発電性能を重点的に評価する認証プログラム
PVEL/DNV GLの「トップパフォーマー」認定は、一般に入手可能な太陽電池モジュールの信頼性試験結果に関する報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」に基づき行われるもの。試験は、IEC試験の2~4倍の負荷をかけた温度サイクル試験などで構成されており、モジュールの信頼性と発電性能を重点的に評価する包括的な認証プログラムとして、認知されている。

PVEL/DNV GLがPVモジュールの「トップパフォーマー」認定を開始して以来、Trina Solarは5年連続で同認定を獲得。同社の他にこの成果を達成したPVモジュールメーカーは、1社だけだという。

(画像はトリナ・ソーラー・ジャパンの公式ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2019年6月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。