東芝ES、宮城県で自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が運転開始

東芝ES、宮城県で自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が運転開始
拡大する(全1枚)
自立型水素エネルギー供給システム「H2One」運転開始
東芝エネルギーシステムズ株式会社(東芝ES)は3月26日、同社が宮城県に納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が、宮城野原公園総合運動場にある東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地「楽天生命パーク宮城」内にて、同日に運転を開始したと発表した。

今回運転を開始した「H2One」は、太陽光により発電した電力を水素に変換してタンクに蓄え、これを使った純水素燃料電池により自給自足で電力を供給するCO2フリーの発電システムとなる。

平常時は、天候に関わらず球場内のデジタルサイネージや地域ラジオ局に電力を供給し、非常時のライフラインが寸断された場合でも、蓄えた水素で発電して地域ラジオ局やサイネージによる災害情報の発信のほか避難誘導用の照明などに利用でき、また手洗い用として温水も供給する。

構成機器をコンテナ1台に格納したワンコンテナモデル
今回設置する「H2One」は、水素をコンパクトに貯蔵できる水素吸蔵合金タンク採用などで構成機器をコンテナ1台に格納したワンコンテナモデルとなり、これまでの20フィートコンテナ3台に格納していた機器を1台に集約格納して省スペース化するとともに、最小限の配管工事で設置が出来るという。

なお、東北地方で同社は、東北電力株式会社向けに「H2One」を納入したほか、福島県浪江町を実証エリアとして1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築する再エネ利用水素プロジェクトに参画している。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。