サンテックパワージャパン、LIXIL開発メガソーラーのO&Mサービスを受注

サンテックパワージャパン、LIXIL開発メガソーラーのO&Mサービスを受注
       
LIXIL開発メガソーラーのO&Mサービスを受注
サンテックパワージャパン株式会社は5月16日、株式会社LIXILが開発した大規模太陽光発電所のO&Mサービスを受注したと発表した。

同社が今回、O&Mサービスを受注したメガソーラーは、LIXILが知多工場(愛知県知多市北浜町25-7)に有する敷地約52,330m2にて2016年4月2日に稼動を開始した特別高圧の太陽光発電所「LIXIL知多SOLAR POWER」(5.2MW)で、LIXILが発電事業者となる。

なお、このO&Mサービスについては、既に先月から同社が提供をスタートさせている。

また、これに使用している太陽電池モジュールは、地上設置分(多結晶315W:13,380枚、サンテックパワー製)と、工場屋根上設置分(単結晶225W:4,464枚、他社製)とがあり、パワーコンディショナは、東芝三菱電機産業システム製(500kW:8台、630kW:1台)が用いられている。

今回分含め合計15箇所のO&Mサービスを実施
昨年4月の改正FIT法施行により、O&Mが義務化されてから一年が経過した。

太陽光発電は、政府が導入・普及を促進する再生可能エネルギーの主力電源として期待されるが、保守メンテナンスが不可欠で、O&Mに必要な技術や人材が伴っていない実態がある。

サンテックパワージャパンは、1980年の初頭から太陽電池モジュールの販売とシステム開発を行っていて、これまで住宅向け太陽光発電システムからメガソーラーまで、35年以上にわたって数多くの太陽光発電設備の保守サポートを提供してきている。

O&Mサービス事業では、2015年に本格的な事業グループを組織していて、今回の太陽光発電所を含めると合計15箇所のO&Mサービスを実施することとなり、累計発電能力では約36.4MWとなるという。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。