SBエナジー、浜松市で新たな太陽光発電所を稼働

SBエナジー、浜松市で新たな太陽光発電所を稼働
出力約1000kWで8月1日から営業運転を開始
ソフトバンクグループ傘下の SBエナジー株式会社(以下「SBエナジー」)は8月1日、静岡県浜松市で「ソフトバンク浜松協和ソーラーパーク」の営業運転を開始したと発表した。

新発電所は浜松市西区協和町で敷地面積約1万2000平方メートルを利用し、出力規模は約1000kW、年間の予想発電量には約142万kWhが見込まれている。一般家庭の消費電力量を年間3600kWhとして換算すると、394世帯分に相当する。

SBエナジーが発電所の設計、調達ならびに工事監督業務を担当した。

同じ協和町には浜松市最大級のメガソーラーも
SBエナジーは2017年2月にも、同じ浜松市西区協和町で「ソフトバンク浜松中開ソーラーパーク」の運転を開始している。こちらは出力約43MWで年間発電量が一般家庭の約1万5000世帯分に相当する、浜松市で最大級のメガソーラーだ。

同社は今後も自然エネルギーの普及と拡大を目指し、太陽光発電をはじめとする自然エネルギーの 発電所建設と運営を推進していく方針だ。現在建設中のメガソーラーは5件、そのうち3件が2019年度中に運転開始の予定となっている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。