富士電機、ケニアで地熱発電設備を建設

富士電機、ケニアで地熱発電設備を建設
アフリカ最大規模の地熱発電所に新設備を
富士電機株式会社(以下「富士電機」)は8月31日、ケニア共和国の地熱発電所における、発電設備の建設を受注したと発表した。

発電所の名称はオルカリアI、ケニアの首都ナイロビの北西約120kmに位置している。地熱発電所としては同国で最も早く1981年に運転を開始し、既に5基が稼働している。総出力は約185MWで、アフリカでは最大規模になる。

今回のプロジェクトはこの発電所に6号機を加えるもので、丸紅がケニア電力公社から受注、富士電機が建設を担当することになった。新施設は出力70MW規模で、2021年に運転開始する予定になっている。

地熱発電設備の建設では半世紀以上の歴史が
地熱発電は地中にある蒸気や熱水など、再生可能エネルギーを利用して発電を行う。

富士電機は1960年以降、アメリカ、インドネシア、フィリピン、アイスランドなど、世界各地で地熱発電事業を展開してきた。これまでに受注した地熱発電設備は蒸気タービンや発電機など合計81台、出力は3132MWになる。

富士電機は今後、アフリカでの地熱発電設備の受注拡大を目指すとともに、地域の経済発展と地球環境保護に貢献していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。