日立造船グリーンボンド、野村證券が主幹事に

日立造船グリーンボンド、野村證券が主幹事に
国内の製造業で初、環境事業に向けた資金調達
野村證券株式会社(以下「野村證券」)は9月14日、日立造船のグリーンボンド発行において主幹事を務めると発表した。

グリーンボンドは再エネ・省エネなど、主に国内の低炭素化と地域活性化に有効な事業の資金調達を目的とする。日立造船は国内の製造業として初めてグリーンボンドを発行し、グリーンボンドの特性に従った債券であるとの第三者機関の評価も取得した。

日立造船はエネルギーと水を環境分野の事業のコアとして、再生可能エネルギーの普及に努めている。中でもごみ焼却発電事業はグループの主力事業で、日本、アジア、欧州を中心に900件以上を手がけ、世界トップクラスの実績を有している。

環境・社会問題軽減に努める企業を選んで投資
近年、環境問題への関心の高まりとともに、ESG投資が広がってきている。ESG投資では投資家が環境、社会、企業統治に配慮している企業を選んで投資を行う。

日立造船グリーンボンドは3年債総額50億円で、CO2排出量の削減効果が認められるごみ焼却発電施設の建設において、資材調達などの運転資金に充当される予定になっている。

日立造船はグリーンボンド発行で資金調達手段の多様化を図るとともに、より環境にやさしい施設の導入を目指していく方針だ。

(画像は野村證券公式ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2018年9月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら