産業用・家庭用共に低価格でパネルを洗浄
Energy Creation株式会社は、2020年2月5日、低価格の太陽光発電パネル洗浄サービス『エナクリ・ソーラー』の提供を、鹿児島県と宮崎県にて開始したと発表した。

同社は、太陽光発電メンテナンスサービスや地熱バイナリ発電の企画・開発・運営を手がける企業。
『エナクリ・ソーラー』は、産業用・家庭用共に低価格でパネルを洗浄するというもの。日程管理を簡略化することで、低価格での提供を可能にしている。

火山灰が広範囲に飛散し、故障が多い鹿児島
太陽光パネルはその構造上、排気ガス・土砂・鳥糞・工場排煙・黄砂・火山灰・牛舎の石灰といった汚れが付着する。こうした汚れは、発電効率の低下や故障を招く。桜島の火山灰が広範囲に飛散する鹿児島県では、太陽光発電の発電効率の低下や故障が他県より高い割合で発生しているという。

太陽光発電メンテナンスサービスを手がけるEnergy Creationは、再生可能エネルギーの普及推進には低価格かつ高品質な太陽光パネル洗浄サービスが必要であると判断。
汚れが特に課題化している鹿児島県と宮崎県にエリアを限定する形で、『エナクリ・ソーラー』の提供を開始した。

日程管理を簡略化、専用機材を効率的に運用
『エナクリ・ソーラー』は、産業用・家庭用共に原則として日時指定が不可であり、立ち会いも不要のサービスとなっている。この規定により日程管理を簡略化し、専用機材の効率的な運用を図ることで、高品質かつ低価格の洗浄サービス提供を実現した。

同サービスにおいてEnergy Creationは、顧客のニーズに即して多様なプランを用意。顧客の大切な資産である太陽光パネルを守るとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む