凸版印刷とIntegral Geometry Science、蓄電池の非破壊検査を提供開始

凸版印刷とIntegral Geometry Science、蓄電池の非破壊検査を提供開始
拡大する(全1枚)
機器販売および受託検査サービスの提供を開始
凸版印刷株式会社と株式会社Integral Geometry Scienceは、2020年2月27日、蓄電池画像診断システムの機器販売および蓄電池の受託検査サービスの提供を開始すると発表した。

凸版印刷は、印刷テクノロジーをベースに様々な事業を展開している企業。Integral Geometry Scienceは、神戸大学発のスタートアップ企業。提供が開始された機器および検査サービスは、リチウムイオン蓄電池の故障を可視化して事故を防止するものとなっている。

破壊することなく内部の状態を正確に把握
近年、電気自動車やIT機器などの発達に伴って、大電力を蓄えられるリチウムイオン電池の需要は高まっている。しかしリチウムイオン電池は、材料の特性によ発熱や発火の危険性があるため、品質保証技術の改善が求められていた。

今回提供が開始される蓄電池画像診断システムは、リチウムイオン電池の電流経路や電流密度分布状態を可視化することにより、破壊することなく内部の状態を正確に把握できるというもの。電池の将来的な設計リスク箇所の特定に加えて、リサイクル転用する際の安全性判断としても活用可能なシステムとなっている。

リチウムイオン電池のより安全な使用を推進
販売が開始される蓄電池画像診断システムの機器は、微弱な磁気も検出可能な超高精度検査磁気センサーにより、電流密度分布状態のわずかな不均一性や短絡も正確かつ短時間で検知が可能。受託検査サービスでは、リチウムイオン電池の試作開発品・量産品などを預かった上で、非破壊検査が提供される。

同システムによって両社は、リチウムイオン電池のより安全な使用を推進するとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク