京セラら6社、長崎県佐世保市宇久島の営農併設型太陽光発電事業に出資を決定

京セラら6社、長崎県佐世保市宇久島の営農併設型太陽光発電事業に出資を決定
       
約51.5万MWhのメガソーラーを建設
京セラ株式会社ら6社は、2020年4月28日、長崎県佐世保市宇久島における営農併設型太陽光発電事業について、出資を行うと発表した。

この事業は、宇久島にて年間発電電力量約51.5万MWhのメガソーラーを建設し、約64kmの海底ケーブルを通じて九州電力への売電を図るというもの。6社は、宇久島みらいエネルギーホールディングス合同会社に対して約500億円を出資する。

京セラ製の太陽電池モジュール約480MW分を設置
6社による出資が今回発表された事業は、「宇久島メガソーラー事業」なる仮称が冠せられている。同事業では、480MWの発電能力を持つ太陽光発電システムの建設を、宇久島にて予定。建設に際しては、京セラ製の太陽電池モジュール約480MW分が設置されるという。

出資する6社は、京セラとタイのSPCG Public Company Limited、株式会社九電工と東京センチュリー株式会社、そして古河電気工業株式会社と坪井工業株式会社。6社はこれまでも同事業について、協力して検討を進めてきた。検討の結果、事業性を確認できたとして、今回の出資を決定している。

営農併設型太陽光発電による環境ビジネスを創出
「宇久島メガソーラー事業」では、太陽光発電所の建設を2020年度より開始する。完成後の太陽光発電所は、一般家庭約17万3000世帯分に相当する年間発電量が想定されており、年間のCO2削減量は約27万4750tに達するという。なお総投資額は、2000億円程度になる予定。

京セラら6社は同事業において、営農併設型太陽光発電による環境ビジネスを創出し、宇久島の経済活性化と地域振興に寄与するとしている。

(画像は京セラの公式ホームページより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。