オリックス インドの風力発電会社を完全子会社化へ

オリックス インドの風力発電会社を完全子会社化へ
拡大する(全1枚)
インドの風力発電事業子会社の全株式を取得
オリックス株式会社は8月14日、出資先であるインドのインフラ開発・投資会社Infrastructure Leasing&Financial Services Limited傘下のIL&FS Wind Energy Limitedと共同出資している風力発電事業子会社の全株式を取得することで合意したと発表した。

取得手続きを進め、完全子会社化する。

インド政府は、政府目標で2022年までに合計175GWの再生可能エネルギーを導入することを目標としており、風力発電は60GWを導入する計画だ。

インドの風力発電事業は高い成長が見込まれる
同社はインド南西部7州で設備容量計873MWの風力発電を運営している特別目的会社7社の株式を各49%保有している。

インドの風力発電事業の拡大を見越し、IL&FS Wind Energy Limitedより残りの各株式51%を買い取り、完全子会社化した。

国内でも再生可能エネルギー事業を展開
同社は、国内でも再生可能エネルギーによる発電事業を積極的に展開しており、設備容量合計約1GWの太陽光発電事業や、風力、地熱、バイオマス発電事業を行っている。

アジアをはじめとする海外での再生可能エネルギー事業もさらに推進していく計画だ。

(画像はオリックス株式会社より)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク