日本の電気料金は諸外国に比べて高い?

日本の電気料金は諸外国に比べて高い?
東日本大震災以降、原発が止まり電気料金が値上がり
経済産業省資源エネルギー庁は9月13日、電気料金を通じて各国の経済効率性をひもとくスペシャルコンテンツ記事を掲載した。

日本では2011年の東日本大震災以降、原子力発電が止まりその分を火力発電でおぎなったことで、電気料金が値上がりした。しかしドイツ、フランス、英国、米国との比較では、大きな変化を見せていない。

産業用と家庭用の電気料金を加重平均すると、ドイツでの電気料金が1990年以来5カ国の中で最も高く、米国の料金が最も安い。残り3国の電気料金は両国の間に位置し、1990年ごろの差が縮小して近年はほぼ同じ水準になっている。

エネルギーを誰もが安価に利用できるように
各国の家庭用電気料金は産業用より高いが、比率は国によって異なる。2017年のドイツでは家庭用電気料金が産業用の2.3倍、続いて米国では1.9倍、日本では1.5倍で5カ国中最も低い。

家庭の電化率では日本が52%でトップ、米国が49%でこれに続く。

日本では電力を多く必要とする製造業が輸出で占める割合も大きい。エネルギー政策では産業と家庭のどちらもが電力を安く使えるよう、バランスを考えていくことが求められている。

(画像は資源エネルギー庁公式サイトより)

元の記事を読む

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「経済産業省」に関する記事

「経済産業省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「経済産業省」の記事

次に読みたい「経済産業省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月14日の社会記事

キーワード一覧

  1. 経済産業省 キャッシュレス

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。