京セラ、リチウムイオン蓄電池の新型を製品化

京セラ、リチウムイオン蓄電池の新型を製品化
       
世界初の技術で長寿命、安全性が高く低コスト
京セラ株式会社(以下「京セラ」)は10月2日、世界初のクレイ型リチウムイオン蓄電池の開発に成功し、この蓄電池を活用したシステムを2020年1月から販売すると発表した。

クレイ型リチウムイオン蓄電池では電極が粘土状で、従来の液体型リチウムイオン蓄電池に比べて3~5倍の厚さ。そのため製造プロセスが大幅に簡略化され、コスト削減を実現。密閉したユニットを組み合わせてモジュール化した構造になっており、安全性が高く、しかも長寿命。

新型蓄電池は家庭向けに3種類の定格出力を用意し、継ぎ目のない美しいフォルムと機能的なデザインで「2019年度 グッドデザイン賞」も受賞した。

家庭用蓄電池システム「Enerezza」は1月に発売
この新型蓄電池とパワーコンディショナー、およびリモコンを組み合わせた家庭用蓄電池システム「Enerezza(エネレッツア)」は、1月から少量限定販売を開始する。

FIT期間が満了した家庭の多くが電力自家消費型に転換すると見られ、また災害への備えとしても、蓄電池システムが注目されている。

京セラは今後、来秋に予定している本格的な量産に向けて、生産体制の構築を進めていく。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。