0.1%をSDGs団体に寄付。自然電力、第4回無担保社債「SDGs推進私募債」を発行

0.1%をSDGs団体に寄付。自然電力、第4回無担保社債「SDGs推進私募債」を発行
調達金額は、新規事業開発などの運転資金に充当
自然電力株式会社は、2019年9月25日、株式会社りそな銀行を引受先とする第4回無担保社債『SDGs推進私募債』を、同日付で発行したと発表した。

自然電力は、太陽光・風力・小水力といった自然エネルギー発電事業を展開している企業。同社債の発行による調達金額は、新規事業開発などの運転資金に充当される予定となっている。

安全かつ持続可能な電気を使う暮らし
自然電力は、「青い地球を未来につなぐ」という理念を掲げて、東日本大震災の3ヶ月後にあたる2011年6月に設立された。以来、自然エネルギー発電所の設置・運営において必要となるサービスの全てを展開。2019年2月末の時点では、グループとして約1ギガワットに達する自然エネルギー発電事業を、日本全国において手がけている。

同社は、世界の課題をエネルギーの領域から解決することを企図。安全かつ持続可能な電気を使う暮らしが世界に拡がるよう、2030年までに10GW相当の発電事業に取り組むことを目指している。また同社は、次世代のために再投資する新たな資本循環システムの構築も企図。短期的な利益の還元に留まらない姿勢も示している。

SDGs市民社会ネットワークに寄付
今回同社が発行した『SDGs推進私募債』では、発行額の0.1%相当額について、りそな銀行がSDGs関連団体に寄付を行う。寄付先には、110の団体が加盟する一般社団法人SDGs市民社会ネットワークが選定されている。

自然電力は今後も、様々なパートナーとの共創を通じて、持続可能な社会の構築を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。