イーレックス、カンボジア王国において水力発電事業に出資参画

イーレックス、カンボジア王国において水力発電事業に出資参画
拡大する(全1枚)
出力8万kW規模の水力発電所建設プロジェクト
イーレックス株式会社は、カンボジア王国(以下、カンボジア)における出力8万kW規模の水力発電所建設プロジェクト「The Stung Pursat #1 Hydroelectric Project」の事業権をカンボジア政府から受けている「SPHP-Singapore社」に、出資参画することを2019年10月23日に発表した。

イーレックス初となる海外水力発電事業
今回の水力発電所建設プロジェクトは、乾季に伴う水力発電所の発電量低下などを原因とした電力不足に悩まされているカンボジアにおいて、1年を通じて発電可能な大規模な貯水量を有する水力発電所を建設するもので、カンボジアの電力安定供給に大きく貢献するものだ。

イーレックスとしては、初となる海外水力発電事業で、これまで培ってきた発電事業の開発などの知見をいかして事業に参画するとしている。

プロジェクトの概要としては、カンボジアのポーサット州に出力8万kW規模の水力発電所を新設するもので、運転開始は2023年2月の予定で、売電契約先はカンボジア電力公社だ。

イーレックスでは、今回のプロジェクト参画により、カンボジアのエネルギー問題の解決に寄与するとともに、低炭素化社会実現に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク