東芝エネルギーシステムズ、地熱発電のトラブル予兆診断をインドネシアで検証

東芝エネルギーシステムズ、地熱発電のトラブル予兆診断をインドネシアで検証
地熱発電の導入が盛んなインドネシアで検証
東芝エネルギーシステムズ株式会社は、2019年10月23日、地熱発電所のトラブル予兆診断技術に関する実証試験を、地熱発電の導入が盛んなインドネシアにて開始したと発表した。

同実験は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の技術開発事業において実施されるもの。ビッグデータ解析技術を活用する予兆診断技術を同国の地熱発電所へ導入し、トラブル予兆の検知能力を評価するという。

利用率向上が課題となっている地熱発電
日本の地熱資源は、世界第3位のポテンシャルを有する。また地熱発電は安定した出力が得られるため、ベースロード電源として大きな期待が持たれるようになった。こうした流れの中で、国内でも新たな大型地熱発電所が運転を開始し、新規発電所の立地計画も進んでいる。

しかしその一方、既設の地熱発電所は、暦日利用率が60%程度と低い。この利用率の低さは、タービンに付着した地熱蒸気成分の除去作業による停止や、設備の老朽化によるトラブルなどに起因する。利用率向上を目指すNEDOは、地熱エネルギーの高度利用化に向けた技術開発事業を開始。同事業において、東芝エネルギーシステムズと行うこととなった。

トラブル発生率の20%低減を目指す
同実験では、インドネシアのパトハ地熱発電所にてトラブル予兆診断技術の検証を行う。この技術は、各種センサーから得られる発電所の運転データをAIにより解析し、異常兆候を検出するというもの。東芝エネルギーシステムズは同実験において、トラブル発生率の20%低減を目指すとしている。

同社は今後も、利用率向上による地熱発電コスト低減を実現し、地熱発電の導入拡大を進めるとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。