太陽光発電のエコスタイル、11月に東京本部を東京都中央区へと移転

太陽光発電のエコスタイル、11月に東京本部を東京都中央区へと移転
拡大する(全1枚)
投資型太陽光発電と自家消費型太陽光発電の二本柱
株式会社エコスタイルは、2019年11月4日、同社の東京本部を東京都中央区へ移転する。

エコスタイルは、太陽光発電事業を中核として再生可能エネルギーの普及を促進している企業。太陽光発電については、投資型太陽光発電と自家消費型太陽光発電の二本柱で、事業展開を図っている。

「これなら買いたい」と思う製品を「買いたい価格」で提供
エコスタイルは、「分散型太陽光発電による脱炭素ソリューション提供のリーディングカンパニー」となることを目指して、再生可能エネルギーに関する事業を展開している。

温室効果ガスの排出が原因とされる地球温暖化は、異常気象の頻発や海面上昇などを引き越し、人間が住む環境にも危機をおよぼしている。そのため、太陽光・風力といった再生可能エネルギーへの電源転換は、「地球において生活する」という環境の保持のためにも、急務となった。

こうした状況にあってエコスタイルは、太陽光発電の普及に尽力。太陽光発電システムの施工実績を重ね、「これなら買いたい」と思う製品とサービスを「買いたい価格」で提供している。

電力エネルギービジネスに貢献
エコスタイルの新しい住所は、東京都中央区八丁堀3丁目14番2号、東八重洲シティビル2階となる。なお、移転に伴う電話番号やFAX番号の変更は、ないという。

同社は今後も、再生可能エネルギーが電力インフラの主役になる時代の到来を目指し、電力エネルギービジネスに貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク