日本中央競馬会の栗東トレセンでバイオマス発電

日本中央競馬会の栗東トレセンでバイオマス発電
       
小型でも蒸気を無駄なく使って高い発電効率
株式会社神戸製鋼所(以下「神戸製鋼」)は1月16日、滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)の栗東トレーニング・センターに納入したバイオマス発電プラントが、2019年11月から稼働したと発表した。

このプラントでは使用済みとなった馬の寝床の藁やおが屑等を燃料として、スクリュー式発電機(製品名「MSEG」)で発電する。MSEGのタービンを回した後に残った低圧蒸気はさらにバイナリー発電機(製品名「マイクロバイナリー」)で利用し、ライン全体で大型発電機なみの高い発電効率を達成する。

各ラインの出力は310kWで合計出力最大620kW、神戸製鋼はMSEG2台とマイクロバイナリー4台を納入した。発電で得られた電力は固定価格買取制度(FIT)を通じて売電される。

技術で総理大臣賞も受賞、世界最高水準の効率
神戸製鋼はCO2排出量削減が重要経営課題であるとの認識のもと、様々な技術・製品・サービスの提供を通じてエネルギーの有効活用に貢献している。

小型蒸気発電機であるMSEGは神戸製鋼が得意とするスクリュー技術を活かし、世界最高水準の効率を達成。2008年には日本産業技術大賞で内閣総理大臣賞を受賞した。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。