琵琶湖環境保全に役立つ水中ロボット--立命館大理工学部など製作

琵琶湖環境保全に役立つ水中ロボット--立命館大理工学部など製作
琵琶湖を守るロボット「湖虎」
立命館大理工学部などの研究グループが、大日本スクリーン製造、東海大と協力して、一人で操縦する小型水中ロボットを製作した。

「湖を駆ける」との意味を込めて「湖虎(ここ/COCO)」と命名し、学生らは「琵琶湖を守るロボットとして活用していきたい」と意気込んでいるという。
ロボットの目となる画像処理技術を持つ同社が2007年11月に、立命館大側に産学連携でのロボット製作を打診したのがきっかけ。
「湖虎」は一人で操縦できる小型の水中ロボット
従来の水中ロボットは、ほとんどが500kg以上と大きく、水中で腕や本体を自在に動かすには複数の操縦者が必要なため、グループは一人で持ち運びや操縦が可能なロボットを目指したという。

1年をかけ完成したロボットの特徴は、以下の通り。
・全長70cm、約50kg。
・一人でも持ち運べるようにアルミを使って軽量化してある。
・箱形の胴体に取り付けた2本のアームなど、17か所が可動。
・浮沈や方向転換は、浮輪の役割を果たす発泡ウレタンで
 作った浮力材をモーターで動かして行う。
・操縦部分は、ゲームのコントローラーに似た操縦かんと、水中
 カメラが映したモニターで構成。ロボットとは約50メートルの
 ケーブルでつないでいる。
・タイヤなど自分の体ほどの物でも軽々と運ぶことが可能。
・アームには2本の“指”が付いており、物を「つかむ」ことも
 できる。

なお行動範囲が限られるため、底引き網にかからないような砂に埋まったゴミや、環境調査で湖底の生物や泥を採取するなどの細かい作業に向いているという。

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る 2010年3月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。