マッコウクジラが地球温暖化を救う!

マッコウクジラが地球温暖化を救う!
便が地球を救う?
来週、モロッコで国際捕鯨会議が開催される。ここでは商業捕鯨の一時停止が最大の論議となるだろう。そんな中、マッコウクジラの糞便が地球を救うという話題が飛び込んできた。

オーストラリアの調査チームによると、南洋に住むマッコウクジラの糞便には豊富な鉄分が含まれているという。これが、大気の二酸化炭素を吸収してくれる海中植物プランクトンの成長を促すというのだ。さらに、研究家の推測によると、マッコウクジラは年間40万トンのCO2を除去することに貢献しているという。

(画像はイメージ)
それでもクジラを捕獲し続けるか?
従来大型の動物は大量の二酸化炭素を排出する悪者扱いをされていたが、マッコウクジラに関しては本人が排出する2倍の量を除去しているという。もし、商業捕鯨での捕獲を中止すれば、現在の10倍のCO2が除去されるのだ。

この研究結果は、今度の会議に大きな波紋を投げかけることになるかもしれない。

編集部 青空ひなた

元の記事を読む

あわせて読みたい

エネクトニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年6月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。