国内初!博物館に電子ペーパーの解説パネル

国内初!博物館に電子ペーパーの解説パネル
       
凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、電子ペーパーによる博物館向け多言語対応解説パネル・システムを開発したことを発表した。

同パネル・システムは、日本語の解説を印刷した台紙に、英語・中国語・韓国語の解説が自動的に切り替わって表示される“電子ペーパーディスプレイ”を組み合わせたというもの。

今回、電子ペーパーの特長である反射型で非発光の表示や、省電力で高精細な文字表示が可能になったことにより、日本語での情報表記に加え、外国語3言語による情報提供を、展示環境に影響を与えることなく実現したとのこと。

なお、同パネル・システムは、2011年3月29日から9月30日まで、東京国立博物館の平成館考古展示室に試験設置されており、博物館施設の解説パネルとしての電子ペーパー活用は、国内初の試みとなる。

従来から、博物館や美術館などでの多言語での情報提供手段は、翻訳したパネルを並べて配置したり、液晶ディスプレイを設置するなどの方法があったが、限られた設置スペースの中での表示の煩雑さや、液晶ディスプレイの光の反射が、鑑賞の妨げになることもあったようだ。

美術館での音声ガイドや、歌舞伎鑑賞には必需品とも言えるイヤホン解説など、「文化」を理解してもらう工夫は、ある意味供給過剰な面も否めない。今回は、自ら考えやすい解説パネルに関するサービスの話で、ひとりで使うものよりも、大勢で使う場合に、使い減りのしない電子ペーパーは現時点では最適のツールであろう。訪れた人々が受け入れやすいサービスの提供により、展示品を「見る目」も温かなものとなるだろう。

元の記事を読む

あわせて読みたい

大人の社会見学ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月31日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。