日本と韓国ふたつの国宝が見れる! 日韓国交正常化50周年記念の特別展

日本と韓国ふたつの国宝が見れる! 日韓国交正常化50周年記念の特別展
それぞれの違いが楽しめる展示
東京都台頭区上野公園内にある、東京国立博物館では2016年6月21日(火)から2016年7月10日(日)の期間、特別展の「日韓国交正常化50周年記念 特別展『ほほえみの御仏 -二つの半跏思惟像-』」を行う。この展示会では日本と韓国、国宝である2つの半跏思惟像を展示し、それぞれの仏像の美が堪能できる。

日本のものは、仏像制作が始まったころの7世紀の作品を展示しており、韓国のものは6世紀、朝鮮半島が三国時代だったころ造られた作品を展示している。なおこれは国宝78号像として広く親しまれている。

インドに生まれ、中国・朝鮮半島・日本と伝わった様式
半跏思惟像(はんかしゆいぞう)とは、仏教が生まれたインド、そして中国、朝鮮半島、日本へと伝わってきた。

日本や朝鮮半島では6世紀から8世紀の間にたくさんの像が造られたが、その中には古代仏教彫刻の傑作と言われている仏像がある。

今回展示される半跏思惟像は、奈良県の中宮寺門跡(ちゅうぐうじもんぜき)に伝わっている国宝で、優しくほほえむ顔は誰もが知るところである。

そして韓国の半跏思惟像は、韓国国立中央博物館におさめられている作品である。銅造ながら高さが83mある大作であり、金銅仏らしい鋭利な表現がみられるのだが、ふくよかな指を頬に添え、伏し目がちに口元に微笑を浮かべている美しい作品である。

会期中は無休であり、開館時間は9:30から20:00(入館は閉館の30分前まで)である。ただし6月21日のみ17:00までの開館となっている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

大人の社会見学ニュースの記事をもっと見る 2016年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。