女の子がウンザリする自慢話9パターン

女の子がウンザリする自慢話9パターン


恋愛に関するライフハックを発信しているスゴレンです。不用意に自慢話をした結果、女の子から連絡がこなくなった経験はありませんか? そこで今回は「女の子がウンザリする自慢話9パターン」を紹介します。今までしてきた自慢話は、どんなパターンでしょうか。

【1】知り合いについて自慢する。

「あの有名な社長、俺の知り合いなんだぜ。」と権力者や有名人との繋がりを自慢するパターンです。女の子にとっては、会ったこともない相手について自慢されても、共感することは難しいでしょう。

【2】昔はワルだったことを自慢する。

「昔はワルかったんだぜ。」と自慢するパターンです。事実なのかもしれませんが、女の子に「ウソっぽい。」と思われては、イメージダウンするだけです。また、暴力的要素を嫌う女の子もいるので、注意が必要です。

【3】女の子にモテたことを自慢する。

「今までに、50人くらいに告白された。」など、今までに付き合った人数や告白された人数などを自慢するパターンです。このような自慢話を聞かされては、女の子もウンザリするでしょう。モテ自慢している時点で、モテないと思われるかもしれません。

思い当たる節がある人も、ない人も、ありすぎる人も、気になる残る6つのパターンは以下からどうぞ。
 

【4】徹夜したことを自慢する。

「昨日は徹夜だったけど、平気な顔して、飲み会に来ているオレって、カッコイイ」とアピールすべく、徹夜したことを自慢するパターンです。徹夜したことを伝えたいのであれば、「徹夜したから、ちょっと眠い。」と弱音を吐いた方が可愛げがあるのではないでしょうか。寝不足自慢がもたらす影響5パターン(スゴレン)もご参考にどうぞ。

...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2009年9月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。