人生のステップアップにつながる「4:3:3」の法則

人生のステップアップにつながる「4:3:3」の法則
Photo by martinhoward.


人生を歩む上で、"絶対"というものはなかなか存在しないもの。ある不確定要素を意識したとき、"エイヤ"と気合で乗り切るか、"いやいやダメだ"と尻ごみしてしまうかが、意外に運命の分かれ道だったりすることもありますね。こちらでは、ステップアップにつなげる「4:3:3」の法則についてご紹介しましょう。

米ブログメディア「The Simple Dollar」では、なかなか奥深い人生の法則について述べています。人生の場面に備えてヒトが物理的に準備できるのは、全体のたった40%程度なのだそう。あと60%は精神的なものに委ねられるのですが、うち30%は知識・スキルや経験。そして、残りの30%はリスクを取る意思なのだとか。

米ハーバード大学の心理学者Daniel Gilbert氏の研究によると、ヒトは、失業するかも...、試験に落ちるかも...など、まだ不確定な将来の失敗を想像すると、この失敗がきっと自分に大変なダメージを与えるにちがいないと過剰に意識しすぎる傾向にあるのだそうです。しかし、実際は、リスクを回避するあまり"やらなかった"ことに対する後悔の方が、"やった"後悔よりも大きいことが多いようです。

もちろん、知識を広げたり、スキルを身につけることも大切ですが、実際に行動を起こし、経験し、リスクをあえて取ることが、真の成長につながることもありますね。では、具体的に「4:3:3」の法則を活用して、これを実践する方法をご紹介しましょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2009年11月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。