自分と自宅を快適に保つための湿度コントロールのススメ

自分と自宅を快適に保つための湿度コントロールのススメ


Photo by dolapo.


冬に室内で快適に過ごすには、湿度のコントロールが大切だということは、ご存知の人も多いでしょう。肌にも、喉にも、身体的な健康にとって、湿度がとても重要です。また、人間の体だけでなく、室内が乾燥し過ぎると、家具や家自体も劣化していきますし、細菌やウィルスも繁殖しやすくなります。快適な湿度を保つ方法をご紹介しましょう。

■湿度が低過ぎる場合
冷たい空気というのは、温かい空気に比べて水分を保ち難いので、冬は空気が乾燥するのです。寒い時には暖房を付けて部屋を温めようとします。すると、暖房の熱で空気中の水蒸気が蒸発し、室内は乾燥します。乾燥した空気は、湿度のある空気よりも寒く感じるので、さらに部屋を温めようとする悪循環になるのです。

室内を加湿する方法

  • 蒸発を利用する
    部屋を加湿する一番簡単な方法は、暖房器具の上や隣に、水の入った器を置くことです。また、生活感漂う方法ですが、洗濯物や濡れたタオルなどを室内に干すのも、手っ取り早い方法ではあります。かなりアナログ&ローテクな方法ですが、使えるものは使った方が効率的ですし、お金も掛からないので経済的です。

  • 加湿器を置く
    誰もが最初に思いつきそうな、最も一般的な方法です。加湿器は、大きく分けて「スチーム式」「気化式」「ハイブリッド式(スチーム+気化)」の3つの種類があります。スチーム式は、即効性がありますが、消費電力が大きく、水を入れるタンクが汚れやすいのでこまめな掃除が必要です。気化式は、即効性はありませんが、消費電力も少なく、手入れの頻度が少なく(不要なものもあり)楽です。ハイブリッド式は、湿度が低い時はスチーム式で素早く加湿し、湿度が安定してきたら湿度を一定に保てる、良い所取りの加湿器ですが、まだ価格が安定していないようです。自分のニーズに合った加湿器を選びましょう。

  • 家全体で加湿コントロール
    いわゆるセントラルヒーティングの湿度版という感じでしょうか。日本ではまだあまり一般的では無いと思いますが、湿度も家全体でコントロールする時代のようです。もちろん、自分の持ち家でないと実現できないことですし、イニシャルコストもかなり掛かると思います。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2010年1月28日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。