ChromeやSafariがFlash無しでYouTubeの動画が見られるHTML5に対応

ChromeやSafariがFlash無しでYouTubeの動画が見られるHTML5に対応


Google ChromeやSafariをメインブラウザで使っている人は、Flash無しでもYouTubeの動画を見られるようになりました。もちろん、システムが固まったり、ブラウザがクラッシュしたり、他にも問題が無い訳ではありませんが、ともかくHTML5でYouTubeの動画が見られるようになったのです。

Googleは前にも、ChromeやSafariやChrome Frameを入れたIEで、HTML5を使った動画の再生デモをやっていましたが、今では普通にh.264コーデックの動画を再生できるようになりました。ただし、YouTubeを見ていて、広告付きが嫌な場合や、h.246の動画が無い場合は、Flashプレイヤーでも見られるようになっています。右下から最適な動画フォーマットを選びましょう。

しかし、もうお気づきだと思いますが、Firefoxには対応していません。Firefoxは、ライセンスフリーのOgg TheoraのHTML5のビデオストリーミングに対応しているのです。一方で、GoogleやAppleは、自社のサイトやブラウザをh.246のストリーミング対応にしています。

この政治的な状況、何とかならないものでしょうか...。
YouTubeのHTML5のページを見る時は、ChromeやSafariやIEのChrome Frameを使って、実験的なプロジェクトのTestTubeを見る時には、それ以外のブラウザを使わなければいけないなんて、正直面倒ですよね(YouTubeの軽量プレイヤーFeatherを使っている場合は例外です)。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2010年1月28日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。