なかなか抜けない頑固なネジには輪ゴムを使うといいらしい

なかなか抜けない頑固なネジには輪ゴムを使うといいらしい

壁や板に打ち込んでしまったネジ。ときにネジの頭がすり減ってドライバーが回らず、抜きづらいことがありますね。そこでカンタンな大工ハック術をご紹介しましょう。幅広の輪ゴムを使うと、ネジが抜きやすくなるそうなのです。

家庭情報ブログメディア「Apartment Therapy」では、ネジ頭がすり減って抜けなくなってしまったときのカンタンな対処法を紹介しています。

 

方法はいたってシンプル。幅広の輪ゴムを用意し、冒頭画像のようにネジとドライバーの間にはさみます。輪ゴムをはさんだ状態でドライバーをネジの穴に強く差し込み、ゆっくり回しましょう。うまくいけば、輪ゴムがすり減りでできた隙間を埋めてくれ、そのままスルっと抜けます。ネジが硬く打ち込まれてしまっている場合でも、緩まって抜けやすくなるそうです。

このほかのネジ抜き術としては、「ドライバーの大きさを変える」、「ドライバーの代わりにペンチを使う」のも効果的だとか。抜けないネジが気になりつつ放置しちゃっている方は、ぜひ一度お試しくださいね。


How To Remove a Stripped Screw Without an Extractor [Apartment Therapy]

Adam Pash(原文/松岡由希子)

 

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。