サービス終了後も、Xmarksを独自サーバで使い続ける方法(動画)

サービス終了後も、Xmarksを独自サーバで使い続ける方法(動画)


Xmarksよ、さようなら...。ブラウザ環境の同期に便利だったXmarksが、2011年1月10日をもって、サービス終了することになりました。

これを機に、FirefoxやChromeのブックマーク同期機能に乗り換えようと考えているユーザさんもいらっしゃるでしょうが、サービス終了後もこれを使い続けたいというXmarksファンも少なくないはず。そこで、自分のサーバ上でXmarksを使う方法をご紹介しましょう。

具体的な手順に入る前に、ひとつお断りが...。独自サーバでのブックマークに対応しているのは現在、Firefox版のみ。つまり、Google ChromeとFirefoxといったように、複数のブラウザ間で、ブックマークを同期することはできません。将来、Xmarksがオープンソース化されるかも、という情報はあるものの、現時点では、独自サーバでXmarksが使えるのはFirefoxでのみです。

この点をお含みおきいただいたところで、設定の手順に移りましょう。詳しくは、冒頭動画の米Lifehackerによるチュートリアルをご参照いただくとして、ポイントは以下のとおりです。
 

必要なものは、以下の2つ。

  • WebDAVディレクトリが設定できるウェブホストもしくはサーバー
  • Xmarksの最新版をインストールした『Firefox』(Xmarksの最新版拡張機能はこちらのページから入手できます)

では、作業に入りましょう。5~10分程度でできますよ。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2010年9月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら