無料アプリ『Handbrake』でDVDリッピング手順を解説

無料アプリ『Handbrake』でDVDリッピング手順を解説

動画を見る


Windows/Mac/Linux:DVDをリッピングする無料アプリ『Handbrake』は、以前にも簡単に紹介しましたが、実際の使い方までは解説していませんでした。実際に、Handbrakeを使ってみると、少々分かり難いところや、不安になるようなところがあると思いますので、今回は手順を解説していきましょう。

冒頭のデモビデオでは、DVDをリッピングするプロセスが見られますが、音声は英語で字幕もないので、以下の手順を読んでみてください。

 

ソースを選ぶ

まず、Handbrakeを開くと、ソースの場所を聞かれます。リッピングしたいDVDやDVDイメージ、VIDEO_TSフォルダを選びましょう。Handbrakeで標準のビデオコンバートをするのと同じように、どのようなビデオファイルを選んでも大丈夫です。コピーガードが付いているDVDをリッピングする場合は、『VLC』をインストールする必要があります。ソースを選んだら、それを開きましょう。


リッピングしたいソースのタイトルを選ぶ

ソースのファイルを読み込むと、アプリ上部の左上にタイトルのドロップダウンメニューが表示されます。ドロップダウンメニューのトラックのリストから、リッピングしたいものを選びましょう。トラックの番号と長さが表示されますので、ある程度の予測がつきます。映画のDVDをリッピングしたい場合は、映画の上映時間と同じくらいの長さのトラックになります。大抵は一番長い時間のもので、テレビドラマでも同じような具合です。トラックを選んだら、設定の選択に移ります。


ビデオと音声の設定を選ぶ

次に、リッピングする映像のクオリティを決めます。ビデオパネルで「Constant Quality」のスライダを左右にドラッグして動かし、好みのクオリティに設定します(スライダは右が高、左が低です)。もしくは、ビットレートの平均値で設定することもできますし(完ぺきなビットレートが分かる計算機もあります)、特定デバイス用のプリセットを使ってもいいです。ビデオの設定を選んだら音声タブをクリックし、音声設定に移ります。音声の設定はほとんどの場合、そのままでも構いませんが、オーディオビットレートを変更したり、160kbps以上のビットレートに設定できない、Appleデバイス用にリッピングする場合などは、ここで設定をします。


リッピングスタート!

以上で、Handbrakeの設定は終わりです。いよいよDVDのリッピングを始めましょう。リッピングしたいファイルが1つであれば、画面上部の「Start」ボタンを押すだけです。複数のファイルをバッチ処理したい場合は、同じく上部にある「Add to Queue」ボタンをクリックし、ファイルを追加するために上記操作を繰り返します。すべてのファイル設定が終わったら「Start」ボタンを押しましょう。


これで、Handbrakeで簡単にリッピングが行えるはずです。リッピングしたいDVDがある人は、ぜひともトライしてみてください。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

■あわせて読みたい

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「無料アプリ『Handbrake』でDVDリッピング手順を解説」の みんなの反応 1
  • dvd リッピング mac 通報

    このようなサイトに書いたソフトウェアが市販dvdをリッピングできるようです。www.videosolo.jp/tutorials/how-to-rip-bluray-in-mac.html

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。