「タイトなファッションはエネルギーを消耗しやすい」という説

「タイトなファッションはエネルギーを消耗しやすい」という説


近年はスキニージーンズなど、タイトなファッションがトレンド。「ちょっと苦しいな~」と思いつつ、無理に我慢して着ていたりしませんか? そのようなタイトなファッションはエネルギーを損なうという説があるそうです。

Photo by Mike Fleming.

 

Sherrie Bourg Carter博士は、心理学系メディア「Psychology Today」で、このテーマについて次のように述べています。

タイトで心地よくない洋服は、ヒトをより早く疲れさせてしまうことがあります。その理由は、タイトな服が普段の呼吸を制限し、脳や筋肉をめぐる酸素量を減らすからです。酸素は細胞を活性化するので、酸素が少ないと疲れを感じやすくなります。これを解消する手段としては、なるべく着心地のよい洋服を着て、一日の中でストレスを感じたときには、深呼吸することを心がけると良いようです。

「なんだかエネルギーレベルが落ちてるな...」とお疲れモードを感じたら、ちょっとゆったりめの洋服を着て、深呼吸をしてみてください。


Energy Zappers: 10 Everyday Things That Drain Our Energy and Steal Our Time [Psychology Today]

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年4月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら