米エリート校が発見! サウンドを使った睡眠記憶法とは?

米エリート校が発見! サウンドを使った睡眠記憶法とは?


資格試験などでは、「知識をいかに多く記憶させられるか?」がポイントのひとつ。書いて覚えたり、声に出して覚えるなど、様々な記憶術がありますね。こちらでは、「サウンドを使うと記憶が残りやすくなる」という研究結果について、ご紹介しましょう。

 

米ノースウェスタン大学が実施したある研究では、画像を見ている間、もしくは、何かを記憶しようとしている間にサウンドを流すと、眠っている間にも同じ音が頭の中でループし、その記憶が定着しやすいことがわかったそうです。このサウンド効果はそれほど大きなものではないと見られていますが、試してみる価値はあるかもしれません。

ライフハッカーアーカイブ記事「記憶の定着を向上させるには潔く寝ることが大切らしい」でもご紹介したとおり、記憶と睡眠には、何らかの関係があるようです。これにサウンドをプラスすると、さらに記憶に残りやすくなるのかもしれませんね。


Sounds During Sleep May Help You Remember | NPR via Rasmussen College

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年6月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら