スクリーンやウェブカメラを使っての微速度撮影が可能なフリーツール『Chronolapse』

スクリーンやウェブカメラを使っての微速度撮影が可能なフリーツール『Chronolapse』


Windows:チュートリアルやインストラクションのビデオで早送りされている映像や、一日、あるいは数日の内容を早回ししている映像を見たことありますよね? これらは微速度撮影と呼ばれ、通常数百、数千の画像を繋ぎ合わせることで作成されています。そのような動画を作成したい方は、『Chronolapse』というアプリを使えば簡単に作成可能です!

 

Chronolapseは、ある一定のインターバルで撮影された画像やウェブカメラで撮影した画像を使い、ストップモーション動画や微速度動画を作成できるツールです。ピクチャーインピクチャーにも対応しているので、スクリーンを動画に組み込むことができ、撮影時に自分が何をしていたのかというのも、動画に含められます。

アプリはデュアルモニターにも対応していて、動画にアノテーションを追加することもできるので、画面が早回しになっている間にコメントを表示させたりといったが可能です。スナップショットを異なるアプリで撮影したり、デジタルカメラで撮影したりすることももちろんできます。

Chronolapseは画像を繋ぎ合わせ、作品を完成させるサポートをしてくれます。しかも、個人使用、商業使用共に完全に無料です。


Chronolapse | Google Code via Keeyai

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

■あわせて読みたい

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。