コーヒー豆は冷蔵庫・冷凍庫で保管した方が美味しさを保てる

コーヒー豆は冷蔵庫・冷凍庫で保管した方が美味しさを保てる


コーヒーに関する情報は、これまでもライフハッカーでたくさんの記事を紹介してきました。今回ご紹介する美味しくコーヒーを飲む秘訣は、コーヒー豆は買いだめしない、買って保存する時は冷蔵庫・冷凍庫に入れた方がいいというものです。コーヒー豆が常温で保管できる期間は短いので、コーヒーの消費量を考えてコーヒー豆を買いましょう。

Photo by L.K.

 

湿度や香りをしっかりと保ち、抽出した時に香ばしい苦みを味わうためには、冷蔵庫もしくは冷凍庫でコーヒー豆を保存しておけば間違いありません。「Eating Well Magazine」のCarolyn Malcounさんは、賞味期限5〜7日間で、切れてから買い足すような、すぐに悪くなってしまう食品のようにコーヒー豆は扱った方がいいと言っています。

買ってからは密閉容器にコーヒーを入れ、乾燥した冷暗所に保存しましょう。コーヒーの油分は酸化しやすいので、挽いていない豆を湿度の高い場所に置いておくと、コーヒーが不味くなってしまいます。冷蔵庫・冷凍庫で保管するという考えは、コーヒーの保管術としては基本であり、最優先事項になるでしょう。

他にも、「美味しいコーヒーを飲むために、コーヒー豆の鮮度をどう保つ?」では、もっと詳細な保管に関する注意事項を紹介していますので、こちらもチェックしてみてください。


EatingWell: To Freeze Coffee Or Not? 7 Myths About Making Coffee Answered | Huffpost Food


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年8月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら