幸せになりたいと願うのは実は間違ってる?

幸せになりたいと願うのは実は間違ってる?

幸せなときもあり、そうでないときもありますが、私たちはつまるところ、幸せになりたいと願うもの。しかし、「Psychology Today」の記事によると、幸せになりたいと思うことで、見逃してしまっているものがあるとのことです。

 

私たちが、幸せになりたいと願い、そしてそれを手に入れた場合、幸せを願っていた過去の自分はダメな状態だったと思いがちです。しかし、幸せというものは一日や二日、せいぜい一ヶ月ほどで必ずどこかに消えてしまいます。なぜなら、幸せとは成功と等しいものではなく、不幸せは失敗と等しくはないからです。困難な状態を見て見ないふりをして、闇雲に幸せを求めていては、そこから学びうることを見逃してしまいます。

もがき苦しむことがなければ、何も学ぶことができず、精神力を鍛えることもできません。幸せの追求に固執する風潮に、何の意味があるのでしょうか? 人生にはバランスを求めるべきではないというのに、幸せを追求するのでしょうか?

幸せはなぜ大事なのでしょうか? そもそも幸せとは、一度手に入れたらずっと続くものなのでしょうか? 仮に私たちがいつも幸せだとしたら、打ち寄せる波のようにやってくる様々な感情の波の受け止め方を、私たちはどのように習うのでしょうか?

良いことと悪いこととのバランスを取るべきという考え方は昔からありますが、人生に起こる出来事を私たちは自身でコントロールできません。悪いことが起きたら、それを不幸だと思うかわりに、何かを学べるチャンスだと見方を変えてみませんか? 悪いことは起きてしまうもので、どうしようもないのだから、せめて自分が扱いやすいものと見なしてしまいましょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら