運動を日常生活に取り入れてちゃんと続けるための4つのコツ

運動を日常生活に取り入れてちゃんと続けるための4つのコツ

もっと日常的に運動をしたいと思っているのになかなか取り入れるのが難しいというお悩みが、米Lifehackerの読者から寄せられました。

ワークアウトを行いたいと思ったのですが、なかなか時間が取れません。朝起きたらすぐに仕事のために家を飛び出し、家に帰ればご飯を食べて一息つくのがやっとで、あとはベッドに入って寝るだけです。どうすればこんな日常生活の中でも、運動する時間を作ることができるでしょうか?

忙しく働く人なら、誰もが共感できそうなお悩みですね。たくさんの仕事を抱えているからこそ、体のケアや運動する時間というのは大事になってくるのですが、その時間を作るのは難しいように感じます。しかし、毎日30分~1時間の運動をする時間を見つけるのは、そこまで難しいことではありません。今回は、運動するための時間をやりくりする方法、時間を捻出する方法をいくつかご紹介しましょう。

Photo by cumidanciki.

 

1. 誰かと一緒に運動する

誰かと一緒にワークアウトを行ない、運動する時に家に一人だったとしても、進捗を明らかにしたり、どれくらいやったのかを相手に言うようにしましょう。運動の記録をSNSにポストし、TwitterのフォロワーやFacebookのフレンドに励ましてもらったり、友だちが行動をチェックして応援してくれたりします(スパムっぽくならないように気をつけましょう!)。

友だちや家族からの励ましは、運動するのにくじけそうになった時にも、目標を達成するのをあきらめそうになった時にも効きます。誰もが運動の様子を見られるようにしておけば、励みとなって目標が達成できますよ。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年11月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら