iPhoneの大事な容量を占めている謎の「その他」の正体とは?

iPhoneの大事な容量を占めている謎の「その他」の正体とは?

「iPhoneのメモリ使用量のところにある『その他』が、1.1GBもメモリを使っているのですが、これは一体何なのでしょう?」という、言われてみればなぜ? と思うような疑問が、豪Lifehackerの読者さんから寄せられました(英文記事)。

オーディオ、写真、Appは分かりますが、「その他」に大事なメモリが1.1GBも使われている理由ははっきりしません。ハードディスク容量の小さいiPhoneを使っている人にとっては切実な問題なので、この機会に調査してみました。

 

答えは2つあります。

まず、その容量の一部はiPhoneを動かしているオペレーティングシステム『iOS』が使っています。iPhoneのハードの容量は物理的に16GBですが、実際に何かをするためにはOSが必要で、そのための容量も必要なわけです。これは取り戻すことができません。

しかし、「その他」はデータだけではありません。しばしば保存ファイルやアプリが作成した一時ファイルなども含まれており、すべてが長期間必要なものではありません。iTunesと同期して、ときどき処理してあげれば、この容量を取り戻すことができます。場合によってはフルバックアップやリストアをする必要があるかもしれません。リストアをする場合は、データがなくならないようにバックアップをすることをお忘れなく。

記事冒頭の画像では「その他」の容量は0.77GBです。以上の方法で、そのうちのいくらかの容量は取り戻すことができると思います。保証はできませんが、試してみる価値はあるでしょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年11月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら