iPhoneのデフォルトの『カレンダー』で複数のGoogleカレンダーを同期する方法

iPhoneのデフォルトの『カレンダー』で複数のGoogleカレンダーを同期する方法

カレンダーのiPhoneアプリはたくさんリリースされているので、特に困ることはないと思います。しかし、デフォルトで入っている『カレンダー』でも、複数のGoogleカレンダーを同期させることが可能です。

Photo by marcopako.

 

やり方は以下の通り。

  • 「設定」を開く。
  • 「メール/連絡先/カレンダー」を開く。
  • 「Microsoft Exchange」を選択。

  • すると、以下のような画面が表示されます。


    この画面で、以下のように操作しましょう。

  • 「メール」にGmailアドレスを入力。
  • 「ドメイン」は空白にする。
  • 「ユーザ名」の部分には、上の「メール」で入れたものと同じアドレスを入力。
  • 「パスワード」にGmailのパスワードを入力。

  • 「次へ」を押すと「サーバ」というフォームが出現します(下図参照)。ここに「m.google.com」と入力してください。


    「次へ」を押すと、同期するサービス(メール、連絡先、カレンダー)を選択する画面になります。ここで連絡先をオンにしてしまうと、元々iPhoneに設定してある連絡先が上書きされてしまうので、注意しましょう。カレンダーだけをオンにし、それ以外はオフにしてください。

    これで、デフォルトのカレンダーでも複数のGoogleカレンダーを同期できます。デフォルトのカレンダーユーザの方は、是非試してみてください。


    iPhoneでカレンダー | iphone wiki

    (安齋慎平)

     

    ■あわせて読みたい

    元の記事を読む

    あわせて読みたい

    ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2011年12月2日の経済記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    経済ニュースアクセスランキング

    経済ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    国内の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら